m3.com トップ > 学会速報 > 第60回 日本透析医学会学術集会> 取材速報

第60回 日本透析医学会学術集会  【開催期間:2015年6月26日~28日】

慢性腎臓病に伴う骨ミネラル代謝異常(CKD-MBD)の老化様症状抑制には、血清リン濃度上昇を抑制することが重要な可能性

2015年6月28日 

 早期CKDの骨ミネラル代謝異常は、リンの蓄積によって始まることが知られている。今回、シンポジウム「CKD-MBDと他臓器連関(臨床への提言)」のセッションにおいて、自治医科大学 内科学講座の岩津 好隆 氏は「CKD-MBDと老化」と題し、老化におけるリン蓄積の意義について講演を行った。これまでに同氏らは “リン過剰状態による老化の加速(Phosphatopathy)”という概念を提唱しているが、本講演では、そのメカニズムの一端として、Klotho-FGF内分泌系およびCPP(Calciprot... 続きを読む