m3.com トップ > 学会速報 > 第60回 日本透析医学会学術集会> 取材速報

第60回 日本透析医学会学術集会  【開催期間:2015年6月26日~28日】

透析腎がん患者は合併症や副作用が生じやすく、mTOR阻害剤による有害事象を熟知して使用すべき

2015年6月28日 

 近年の血液透析患者数の増加、血液透析患者の高齢化、透析期間の長期化に伴い、透析患者が腎がんを発症することは多いと考えられる。近年、腎がんの治療に分子標的薬が使用できるようになり、進行性透析腎がんの薬物療法は大きく進歩したが、透析患者に対する分子標的薬の使用経験に関する報告は少なく、特にmTOR(mammalian target of rapamycin)阻害剤の使用経験については、ほとんど報告されていない。そこで、熊本大学医学部附属病院血液浄化療法部の西一彦氏らは、進行性透析腎がんに対するmT... 続きを読む