m3.com トップ > 学会速報 > 第60回 日本透析医学会学術集会> 取材速報

第60回 日本透析医学会学術集会  【開催期間:2015年6月26日~28日】

透析導入早期からの活性型ビタミンD製剤へのシナカルセト追加投与は、長期CKD-MBD管理に有用

2015年6月28日 

 シナカルセト塩酸塩(以下、シナカルセト)は、副甲状腺細胞膜表面のカルシウム(Ca)受容体に作用し、パラトルモン(PTH)の分泌を抑制する薬剤であり、維持透析下の二次性副甲状腺機能亢進症の治療に使用される。本剤の有効性は臨床試験で、活性型ビタミンD製剤(VDRA)併用時にも確認されている。今回、医療法人尚腎会高知高須病院の大田和道氏らは、実臨床下での5年以上にわたる観察結果に基づき、血液透析(HD)導入早期からのVDRAへのシナカルセト追加投与が、腫大副甲状腺の有無にかかわらず、慢性腎臓病に伴う... 続きを読む