m3.com トップ > 学会速報 > 第60回 日本透析医学会学術集会> 取材速報

第60回 日本透析医学会学術集会  【開催期間:2015年6月26日~28日】

高リン血症治療薬クエン酸第二鉄水和物の投与によりESA使用量が有意に減少、ERIを改善

2015年6月28日 

 維持透析患者では、腎からのリン排泄が低下しており、血清リン値が上昇するため、高リン血症治療薬が用いられる。高リン血症治療薬であるクエン酸第二鉄水和物は、消化管内で製剤内の鉄がリン酸と結合することでリン酸の体内への吸収を抑制する。これまで血液透析患者および保存期CKD患者において高リン血症の改善効果が示されているが、成分である鉄の吸収による影響も注目されている。そこで、医療法人社団六翠会 第二六島クリニックの高橋朗氏らは、維持透析患者を対象に、高リン血症治療薬であるクエン酸第二鉄水和物の鉄剤とし... 続きを読む