m3.com トップ > 学会速報 > 第60回 日本透析医学会学術集会> 取材速報

第60回 日本透析医学会学術集会  【開催期間:2015年6月26日~28日】

CKD-MBD診療ガイドライン改訂後、治療薬の処方状況が大きく変化し、骨・ミネラル代謝異常の補正は著しく改善

2015年6月29日 

 「慢性腎臓病(CKD)に伴う骨・ミネラル代謝異常(MBD)の診療ガイドライン」が2012年に改訂された。そのなかで、服薬アドヒアランスという用語が明記され、経時的な検査結果の動向から病態評価・治療方針の決定を行うことが重要視された。また、Caの管理法が9分割図で示され、補正Ca値は目標値内であっても低いほうが予後は良好である可能性が記載された。ガイドラインの改訂後、相馬中央病院では、主治医と臨床工学士、看護師が2週毎にカンファレンスを行い、ガイドラインに則り、患者一人ひとりに最適な治療レジメン... 続きを読む