m3.com トップ > 学会速報 > 第60回 日本透析医学会学術集会> 取材速報

第60回 日本透析医学会学術集会  【開催期間:2015年6月26日~28日】

クエン酸第二鉄はカルシウム非含有吸着薬としての有用性に加え、鉄補充として貢献できることが示唆される

2015年6月30日 

 CKDにおける高リン血症に対する治療薬は、数種類が利用可能となっている。今回、医療法人社団松下会 あけぼのクリニック 腎臓内科 田中 元子 氏は、CKD-MBDにおけるリンと鉄の関連と、同氏らの研究結果を踏まえたクエン酸第二鉄の有用性について考察。田中氏らが報告した高リン血症を有する維持透析中の患者を対象とした6ヵ月の検討結果において、クエン酸第二鉄は他のリン吸着薬と比べてリン低下効果は同等、ヘモグロビン(Hb)値の有意な上昇、トランスフェリン飽和度(TSAT)やフェリチンの有意な増加を認める... 続きを読む