m3.com トップ > 学会速報 > 第61回 日本透析医学会学術集会> 取材速報

第61回 日本透析医学会学術集会  【開催期間:2016年6月10日~12日】

前希釈方式のオンラインHDFは、透析患者の生命予後改善が期待されるが、高齢者ではアルブミン喪失等に留意

2016年6月11日 

 近年、血液浄化法は様々な進歩をとげ、そうした発展的血液浄化法は末期腎不全患者の生命予後を大きく改善することが期待されている。中でも、わが国で急速に普及してきたオンラインHDF(Hemo Dialysis filtration: 血液濾過透析)について、大分大学医学部附属臨床医工学センターの友雅司氏は、適応する患者像や、施行にあたっての留意点について評価を行った。  2012年に認可された後、オンラインHDF療法を受ける患者数は劇的に増加している。2014年末には約3万6000人であったものが... 続きを読む