m3.com トップ > 学会速報 > 第61回 日本透析医学会学術集会> 取材速報

第61回 日本透析医学会学術集会  【開催期間:2016年6月10日~12日】

慢性維持透析患者におけるクエン酸第二鉄と炭酸ランタンの効果の比較検討

2016年6月13日 

 慢性維持透析患者では腎臓のリン排出機能の低下により、しばしば合併症としての高リン血症が認められる。血清リン濃度と透析患者の予後との相関も報告されているため、積極的なリン管理が求められる。現在、処方可能な高リン血症治療薬にはそれぞれ特徴があり、薬効や安全性にも差異があるといわれている。こうした状況の下、医仁会武田クリニック腎透析科の澤田昌平氏は、近年、高リン血症治療薬として新たに上市されたクエン酸第二鉄と炭酸ランタンの臨床効果を比較検討した。  既存の高リン血症治療薬では服用タイミング(食直前... 続きを読む