m3.com トップ > 学会速報 > 第61回 日本透析医学会学術集会> 取材速報

第61回 日本透析医学会学術集会  【開催期間:2016年6月10日~12日】

リン吸着薬変更による各種パラメータと医療費の変化

2016年6月14日 

 慢性腎臓病(CKD)は、リン排泄が障害されて血中リン濃度が上昇し、生命予後に悪影響を及ぼす。さらに、腎障害の進展によって腎性貧血を誘発することから、その両者を視野に置いた治療が求められる。そうした複合的な作用をもつ薬剤の適切な使用は、臨床効果だけでなく、医療経済的にも大きなメリットがある。  幸有会記念病院の城島嘉麿氏は、高リン血症を有する血液透析患者に対して、従来の高リン血症治療薬から、新しいクエン酸第二鉄水和物に処方変更した症例について、その臨床効果および医療経済上の有用性について検討し... 続きを読む