m3.com トップ > 学会速報 > 第61回 日本透析医学会学術集会> 取材速報

第61回 日本透析医学会学術集会  【開催期間:2016年6月10日~12日】

クエン酸第二鉄水和物は保存期CKD患者のリン管理にも有用

2016年6月14日 

 クエン酸第二鉄水和物は、消化管でリンを吸着し、排泄を促進するリン吸着薬であるが、一部が消化管から体内に吸収され、貧血の改善につながることが示唆されている。  高岡市民病院内科の平田昌義氏は、保存期慢性腎臓病(CKD)患者に、新規リン吸着薬であるクエン酸第二鉄水和物を投与して、血清リン値および腎性貧血への影響を検討・報告した。  CKD患者では、リン排泄が障害されると、血液中のリン濃度の上昇が認められる。血清リン値の過剰な上昇は、種々の二次疾患を誘発し、非透析患者では血清リン値が1mg/dL... 続きを読む