m3.com トップ > 学会速報 > 第61回 日本透析医学会学術集会> 取材速報

第61回 日本透析医学会学術集会  【開催期間:2016年6月10日~12日】

高リン血症治療における鉄補充の意義

2016年6月14日 

 リン吸着薬による適切な血清リン濃度の管理と、積極的な鉄の補充による腎性貧血の改善は、いずれも患者の生命予後に重要な意義を持つ。しかし、多くの患者は、他にも複数の薬剤を服用し、多数の薬剤の服用が、しばしば服薬コンプライアンスの難しさにつながっている。もし、リン吸着薬であるクエン酸第二鉄水和物が、単剤でリンの血中濃度と鉄分の不足を改善できるのであれば、造血を目的とした経口鉄剤の服用を中止でき、服用薬剤数減という患者の利益を生む。公立藤岡総合病院の塚田義人氏は、高リン血症で経口鉄剤を服用している透析... 続きを読む