m3.com トップ > 学会速報 > 第76回 米国糖尿病学会(ADA2016)> 取材速報

第76回 米国糖尿病学会(ADA2016)  【開催期間:2016年6月10日~14日】

1型糖尿病治療において、デグルデクはグラルギンU100に比べて低血糖リスクが低い(SWITCH1)

2016年6月14日 

 インスリン デグルデク(IDeg)は、42時間以上の作用持続時間を有するユニークな基礎インスリンである。これまでに1型糖尿病を対象に行われた本剤の2つの第IIIa相試験では、HbA1c降下作用に関して、インスリン グラルギンU100(IGla)に対する非劣性が証明され、かつIGlaに比べて症候性夜間低血糖の発現率が低いことが示された。しかしながら、第IIIa相試験の制限として、非盲検であること、非症候性低血糖が評価に含まれたこと、最低1つ以上の低血糖リスク因子を有する患者が除外されたこと、IG... 続きを読む