m3.com トップ > 学会速報 > 第76回 米国糖尿病学会(ADA2016)> 取材速報

第76回 米国糖尿病学会(ADA2016)  【開催期間:2016年6月10日~14日】

2型糖尿病治療において、デグルデクはグラルギンU100に比べて低血糖リスクが低い(SWITCH2)

2016年6月14日 

 インスリン デグルデク(IDeg)は1日1回の投与で安定した血糖降下作用を示す基礎インスリンである。本剤は、2型糖尿病患者を対象とした本剤の5つの第IIIa相試験において、インスリン グラルギンU100(IGla)のHbA1c降下作用に対する非劣性が証明されており、さらには第IIIa相試験のメタ解析の結果からも、2型糖尿病患者における血糖値確定低血糖および血糖値確定夜間低血糖の発現率がIGlarと比べ有意に少ないことが報告されている(Diabetes Obes Metab 2013; 15: ... 続きを読む