m3.com トップ > 学会速報 > 米国心臓協会学術集会(AHA2016)> 取材速報

米国心臓協会学術集会(AHA2016)  【開催期間:2016年11月12日~16日】

受動喫煙の曝露に伴い、アテローム性動脈硬化が進展

2016年11月16日 

 受動喫煙(secondhand tobacco smoke)は冠動脈カルシウム(CAC)と関連することが報告されているが、アテローム性動脈硬化の程度との関連については、十分明らかになっていない。今回、米国マウントサイナイ医科大学のRowena Yip氏らは、無症状の非喫煙者を対象に、冠動脈CT血管造影(CTA)を用いて、受動喫煙への曝露の程度とアテローム性動脈硬化の程度について検討し、11月13日に発表した。Yip氏は受動喫煙の曝露の程度は、アテローム性動脈硬化の程度と有意に関連することが示さ... 続きを読む