m3.com トップ > 学会速報 > 米国心臓協会学術集会(AHA2016)> 取材速報

米国心臓協会学術集会(AHA2016)  【開催期間:2016年11月12日~16日】

TAVR時の局所麻酔は、全身麻酔と比較して死亡率低く、安全に実施できる可能性

2016年11月18日 

 経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)は、通常、全身麻酔(GA)下で行われる。しかし、近年では局所麻酔(LA)下で安全に実施できることが多くの文献で示されている。そこで、米国Albert Einstein College of MedicineのPedro A. Villablanca氏らは、最新文献のメタ解析を実施してTAVR患者におけるGAとLAの有効性と安全性を比較し、11月14日に発表した。Villablanca氏は、LA下のTAVRの実施は、GAと比較して全死亡率を低下させることを示... 続きを読む