m3.com トップ > 学会速報 > 第77回 米国糖尿病学会> 取材速報

第77回 米国糖尿病学会  【開催期間:2017年6月9日~13日】

セマグルチドは病態や併用薬が異なっても一貫し優れたHbA1c低下効果を示す

2017年6月13日 

 セマグルチドは現在開発中の週1回皮下投与のヒトGLP-1アナログである。Ahmann氏(米国Portland)は、セマグルチドの有効性と安全性を検討した臨床試験SUSTAIN 1~5に参加した合計3,918例のデータを総合解析した結果を報告した。対象は2型糖尿病患者で、薬物未治療例および経口血糖降下薬、基礎インスリンで血糖コントロール不十分例であった。対象はセマグルチド群または対照群に無作為に割り付けられた。対照薬はプラセボだけでなく、シタグリプチン、週1回投与のエキセナチド、インスリン グラ... 続きを読む