m3.com トップ > 学会速報 > 第62回日本透析医学会学術集会・総会> 取材速報

第62回日本透析医学会学術集会・総会  【開催期間:2017年6月16日~18日】

透析患者の鉄評価はTSATを活用し、鉄が枯渇する前の持続的な経口による鉄補充療法を優先すべき

2017年6月19日 

 腎性貧血はエリスロポエチン(EPO)の欠乏を主因とするCKDの重大な合併症のひとつである。わが国では2004年、2008年、2015年に治療ガイドラインが作成されており、これらはその時々のエビデンスに基づいている。より良い医療を実現するためには、作成時の背景とその評価基準を理解しつつ、現状の課題を考察して新たな治療戦略を検討する必要がある。こうした趣旨で企画された「腎性貧血ガイドラインを再考する:真の標準治療をめざして」と題するシンポジウムで、大阪大学大学院医学系研究科 腎疾患統合医療学の濱野... 続きを読む