m3.com トップ > 学会速報 > 第82回日本循環器学会学術集会(JCS2018)> 取材速報

第82回日本循環器学会学術集会(JCS2018)  【開催期間:2018年3月23日~25日】

SGLT2阻害薬の心不全に対する急性薬理作用―投与開始後早期から心不全入院予防に寄与する作用とは

2018年3月27日 

 SGLT2阻害薬は、腎近位尿細管で尿糖の再吸収を阻害して尿糖排泄を増加させる作用を有し、2型糖尿病の心不全入院予防効果が知られている。そこには、血糖降下作用に加え、利尿作用、酸化ストレス低下作用など、多面的な薬理作用の関与が示唆される。EMPA-REG OUTCOME®やCANVASでは、心不全入院が、投与開始数ヵ月以内という早期から有意に減少しており、心不全に対する何らかの急性作用の存在が考えられるものの、その機序は明らかにされていない。富山大学第二内科 中垣内昌樹氏らは、心不全入院... 続きを読む