m3.com トップ > 学会速報 > 第82回日本循環器学会学術集会(JCS2018)> 取材速報

第82回日本循環器学会学術集会(JCS2018)  【開催期間:2018年3月23日~25日】

エプレレノンの交感神経活性と心筋リモデリング改善作用を、MIBGシンチグラフィと心エコーで検証

2018年3月27日 

 不全心筋では、アルドステロンの作用により、神経終末から放出されたノルアドレナリンが血液中へと漏出し、ノルアドレナリン濃度が低下する。これは、心不全における交感神経障害の原因の一つと考えられており、MIBGシンチグラフィによるモニタリングが可能である。深谷赤十字病院 戸田和辰氏は、MIBGシンチグラフィと心エコーを用いて、選択的アルドステロン阻害薬であるエプレレノンが、心筋の交感神経活性と心筋リモデリングに与える影響を検証した。  ニューロンから分泌されたノル... 続きを読む