m3.com トップ > 学会速報 > 第63回日本透析医学会学術集会・総会> 取材速報

第63回日本透析医学会学術集会・総会  【開催期間:2018年6月29日~2018年7月1日】

EPO産生細胞は、腎の線維芽細胞でも特殊な集団。CKDの進行により、形質転換しEPO産生能が低下する

2018年7月1日 

 エリスロポエチン(EPO)産生能の低下は、CKDの重要な病態の一つであり、その背景には腎の線維化にともなうEPO産生細胞の形質変化が関与している。EPO産生細胞の性質や、形質変化のメカニズムには不明点が多く、これを明らかにすることは病理メカニズムの解明や、新たな治療法の開発につながるものである。 京都大学医学研究科腎臓内科学の柳田素子氏は、健康な腎または線維化が進行する病態下で、EPO産生細胞がどのような性質を示し、また変化を遂げるか、最新の研究を発表した。 ... 続きを読む