m3.com トップ > 学会速報 > 第63回日本透析医学会学術集会・総会> 取材速報

第63回日本透析医学会学術集会・総会  【開催期間:2018年6月29日~2018年7月1日】

エリスロポエチン抵抗性指数8.94以上は、透析患者の心血管イベント発症の独立した予測因子

2018年7月2日 

 透析患者のESA低反応性は心血管イベントとの関連が指摘されている。医療法人社団欅会北八王子クリニック内科の九鬼貴美氏は、ESA反応性の指標であるエリスロポエチン抵抗性指数(ERI: erythropoietic resistance index) と心血管イベント発症との関連を2年間の検討で確認し、報告した。さらに、心血管イベント発症に対するERIの最適カットオフ値を算出し、予測因子としての有用性を示唆した。  九鬼氏らは、ESA低反応性を示す透析患者の心血... 続きを読む