m3.com トップ > 学会速報 > 第63回日本透析医学会学術集会・総会> 取材速報

第63回日本透析医学会学術集会・総会  【開催期間:2018年6月29日~2018年7月1日】

クエン酸第二鉄水和物錠に切替えてもリンは良好にコントロール。ヘモグロビン値上昇に伴い、ESAは減量。

2018年7月3日 

 沈降炭酸カルシウムは、リン吸着薬として広く用いられている薬剤だが、一方で血管石灰化の進展を促進させるともいわれており、漫然とした投与に警鐘が鳴らされている。東名厚木病院腎代謝内科慢性腎臓病研究所の大山聡子氏は、沈降炭酸カルシウムで血清リン濃度をコントロール中の透析患者を対象に、リン吸着薬をクエン酸第二鉄水和物錠へと変更し、リン低下作用とともに、安全な鉄補充が可能であるか検討を行った。  沈降炭酸カルシウム1500mg/日を内服している患者17名を対象に、クエ... 続きを読む