m3.com トップ > 学会速報 > ASCO GU 2019(米国臨床腫瘍学会泌尿器がんシンポジウム)> 取材速報

ASCO GU 2019(米国臨床腫瘍学会泌尿器がんシンポジウム)  【開催期間:2019年2月14日~16日】

新規アンドロゲン受容体阻害剤ダロルタミド、nmCRPCで無転移生存期間改善と良好な忍容性を示す

2019年2月18日 

 非転移性去勢抵抗性前立腺癌(nmCRPC)は、増悪および死亡のリスクが高いことが知られている1)。近年、nmCRPCに対するエンザルタミドやアパルタミド等のアンドロゲン受容体(AR)阻害剤の有効性が示されている一方、疲労や転倒、骨折などの有害事象発現率の上昇が認められていた1)。新規AR阻害剤ダロルタミドは、エンザルタミドやアパルタミドと異なる化学構造を有し、血液脳関門通過能が低いことが報告されている2,3)。そのため、中枢神経系の毒性が少なく、忍容性が高いと考えられる。ダロルタミドの第... 続きを読む