m3.com トップ > 学会速報 > ASCO GU 2019(米国臨床腫瘍学会泌尿器がんシンポジウム)> 取材速報

ASCO GU 2019(米国臨床腫瘍学会泌尿器がんシンポジウム)  【開催期間:2019年2月14日~16日】

治療歴のある転移性去勢抵抗性前立腺癌にペムブロリズマブ+オラパリブ併用療法は有用

2019年2月19日 

 PD-1阻害薬であるペムブロリズマブは、ドセタキセル不応の転移性去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)および治療歴がありPD-L1陽性の進行前立腺癌に対する有効性が示されている1-3)。KEYNOTE-199試験では、ドセタキセルをベースとした化学療法施行歴があるmCRPC患者を対象にペムブロリズマブ単剤の有用性を検討したところ、6ヵ月以上の病勢コントロール率(DCR≧6ヵ月)は11%であった2)。また、オラパリブも単剤で治療歴のあるmCRPC患者に対して抗腫瘍効果を示すことが報告されて... 続きを読む