m3.com トップ > 学会速報 > ACC 2019 第68回米国心臓病学会> 取材速報

ACC 2019 第68回米国心臓病学会  【開催期間:2019年3月16日~19日】

SAPIEN3を用いたTAVRの3年後転帰:PARTNER2

2019年3月20日 

 米国では現在、SAPIEN3はTAVRで最も広く使用されているバルブシステムであり、30日後および1年後の転帰は良好であることが示されている。しかし、これまでSAPIEN3を用いたTAVR後の長期転帰を検討した臨床試験の結果は報告されていなかった。そこで、Samir Kapadia氏らは、手術高リスクまたは手術適応外(S3HR)および手術中リスク(S3i)のAS患者を対象に、3年後の転帰を検討した結果を報告し、良好な経過であることが示された。  本研究では、... 続きを読む