m3.com トップ > 学会速報 > ACC 2019 第68回米国心臓病学会> 取材速報

ACC 2019 第68回米国心臓病学会  【開催期間:2019年3月16日~19日】

生体弁置換術後、TAVR後にも抗凝固療法の施行が推奨される

2019年3月21日 

 2014年に発表されたACC/AHAの心臓弁膜症(VHD)患者のマネジメントに関するガイドラインには、弁置換術を受けた患者の抗血栓療法について、次の3つのレコメンデーションが記載されていた。(1)生体弁を用いた大動脈弁置換術(AVR)後は3ヵ月間のビタミンK拮抗薬(VKA)による抗凝固療法を行う(INR2.5)。(2)TAVR後は6ヵ月間のクロピドグレル/アスピリンを用いた++抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)を行う。(3)非VKA経口抗凝固薬(NOAC)による抗凝固療法は機械弁を留置した患者... 続きを読む