m3.com トップ > 学会速報 > ACC 2019 第68回米国心臓病学会> 取材速報

ACC 2019 第68回米国心臓病学会  【開催期間:2019年3月16日~19日】

ダパグリフロジンは下肢イベントリスクを上昇させない

2019年3月21日 

 糖尿病と末梢動脈疾患(PAD)は合併頻度が高い。SGLT2阻害薬は、心不全や腎症リスク低下が期待される一方、カナグリフロジンで下肢切断リスク上昇の可能性が指摘されている。これまで、SGLT2阻害薬と下肢イベントの関連を検証するための試験は行われていないが、今回、米国Brigham and Women's HospitalのMarc P. Bonaca氏らはDECLARE-TIMI 58試験のサブグループ解析で、心腎および下肢アウトカムについてPAD合併/非合併例での比較、およびダパグリフロジン... 続きを読む