m3.com トップ > 学会速報 > ESC 2019(欧州心臓病学会議)> 取材速報

ESC 2019(欧州心臓病学会議)  【開催期間:2019年8月31日~2019年9月4日】

10年調査の結果、3枝病変患者ではCABG群がPCI群よりも高い生存率を示した

2019年9月11日 

 SYNTAXES試験は、10年調査でCABG群とPCI群の全死亡率を検討した(ITT解析;主要評価項目)  10年間の追跡の完了率は著しく高かった(94%)  全コホートでCABG群とPCI群の生存率はほぼ同じであったが、3枝病変の患者ではCABG群の生存率がPCI群を上回った  2009年に開始されたSYNTAX非劣性試験では、EU62ヵ所および米国23ヵ所で新規の3枝および/または左主幹部病変の患者1,800例が統合された1。患者をパクリタキセル溶出ス... 続きを読む