m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>一般市民の心肺蘇生、胸骨圧迫のみが62%

一般市民の心肺蘇生、胸骨圧迫のみが62%

人工呼吸も行う考え方を取る医師は約4分の1

2011年4月28日 星良孝(m3.com編集部) 


「一般市民による心肺蘇生は、胸骨圧迫のみでよい」と考える医師は62%に上った。臨床賛否両論「一般市民による心肺蘇生は、胸骨圧迫のみで」(2011年3月1日掲載)で、積極的に胸骨圧迫のみを実施と考えるか、人工呼吸の併用も必要と考えるかを聞いた結果だ。回答した1553人のうち「人工呼吸も行う」と回答した医師は26%で、4分の1ほどを占めていた。「どちらとも言えない」と回答した医師は13%だった。胸骨圧迫のみを実施する立場を取る日大駿河台病院循環器科教授の長尾建氏は、「一般人と同様に医師であっても、人...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。