m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>手術ミス告白「その死の瀬戸際」

手術ミス告白「その死の瀬戸際」

心カテ穿孔と「思い込み」のわな──Vol.1(失敗の研究)

2012年1月18日 星良孝(m3.com編集部)


「失敗の研究手術ミス」全3回連載Vol.1◆手術ミス告白「その死の瀬戸際」Vol.2◆手術ミス告白、支払い拒否飲むVol.3◆手術ミスも不払いはダメ、8割ミスや事故の中からこそ学べる教訓はある。苦い経験から現代医療の課題を探りたい。「失敗の研究」第2弾はカテーテルアブレーション中の合併症を関西の医師が語る。新治療を病院の柱に育てる中での事故。自戒を込めて自らはまったわなを告白する。関西で地域の中核病院の前線で心臓カテーテル(心カテ)治療に取り組む医師、華岡武氏(仮名)が、自らのカテーテルアブレー...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。