m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>術後ミス、償いの決意は今も

術後ミス、償いの決意は今も

骨粗鬆症の時代─Vol.2(失敗の研究)

2012年4月25日 星良孝(m3.com編集部)


治療成功からさらなる患者の回復を実現しようと動いた矢先に想定外の事故。患者は寝たきりとなりそれ以降、回復しなかった。脳裏から離れない失敗。骨粗鬆症を治し、回避できる骨折は防ごう。何とか償いたい。決意は今も。宗圓聰(そうえん・さとし)氏。近畿大学医学部奈良病院整形外科教授。1952年生まれ。78年京都大学医学部卒業。80年近畿大学医学部整形外科学教室助手、88年、米国ハーバード大学に留学、98年近畿大学医学部整形外科学教室助教授。2004年近畿大学医学部奈良病院整形外科・リウマチ科教授に就任、現在...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。