m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>在宅医療の強みと弱み

在宅医療の強みと弱み

「高齢者の発熱は入院精査か在宅管理か」◆Vol.4

2012年8月3日 星良孝(m3.com編集部)


入院神戸大学・安田尚史氏在宅祐ホームクリニック・武藤真祐氏2012年日本老年医学会学術集会ディベートより対抗する意見を連載入院死に直結、高齢発熱は基本入院入院高齢者発熱なぜ入院させるか在宅入院に頼らず高齢発熱を診る在宅在宅医療の強みと弱み論点整理高齢者発熱、入院か在宅か高齢者の発熱は在宅管理を優先する立場から、祐ホームクリニックの武藤真祐氏がさらに論じる。入院に頼らなくても、患者を診断、治療できると説明。第4回は、強まる在宅中心の流れと背景を説明していく──。高齢者の発熱を在宅で診療する実態を症...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。