m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>「精検やはり経口内視鏡」3割超

「精検やはり経口内視鏡」3割超

経鼻を評価する声と同様に経口を推す意見

2012年8月10日 星良孝(m3.com編集部)


胃X線検査後、精密検査で経鼻内視鏡を使えるか否か。医師に対象に投票を募ったところ、意見は割れた。経口内視鏡の機能を評価する声は少なくなかった。「経口と経鼻を使い分ける方向になるのだろう」と見る大阪厚生年金病院の道田知樹氏。臨床賛否両論「『胃X線後の精検』経鼻で良いか」で、m3.comの医師会員を対象に、胃X線による胃癌検診の後で精密検査をする場合、経鼻内視鏡を用いてもよいか聞いたところ、賛成と反対はいずれも3割強となり拮抗していると分かった。経口内視鏡を用いた精検を重視する医師が少なくない現状が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。