m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>プロカルシトニン活用するか

プロカルシトニン活用するか

臨床賛否両論特別企画「話題のテーマ」◆Vol.7

2013年3月14日 星良孝(m3.com編集部)


推進活用に積極的な立場を取る慎重活用に慎重な立場を取るテーマプロカルシトニン活用するか投票結果プロカルシトニン評価割れる臨床現場の話題のテーマを取り上げ、論点を見ていく。対抗する考え方、どちらとも言えないという見方がある。7回目は「感染症検査プロカルシトニン」を考える。この5年間ほどで感染症診断にプロカルシトニンが広がっている。その利用については医師により考え方は異なる。推進細菌感染のみに反応する利点プロカルシトニンの利用を推進する考え方の背景には、細菌、真菌、寄生虫感染の診断をより容易にする点...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。