m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>小児ADHD、診断過剰か過少か

小児ADHD、診断過剰か過少か

シリーズ「話題のテーマ2」◆Vol.8

2013年5月2日 星良孝(m3.com編集部)


過剰過剰診断の問題が大きい過少過少診断の問題が大きいテーマ小児ADHD、診断過剰か過少か投票結果Vol.8◆ADHD診断、慎重な見方強い「話題のテーマ2」のとして、臨床テーマの論点を見ていく。対抗する考え方、どちらとも言えないという見方がある。8回目は「小児のADHD」を考える。小児の注意欠陥多動性障害(ADHD)は、過剰診断か、過少診断か。いずれを問題と見るか論争がある。過剰弊害に懸念現在、過剰診断こそが問題となっており、ADHD診療をより慎重にすべきだという考え方がある。問題は、過剰診断が生...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。