m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>大腸癌に腹腔鏡、本当に必要か

大腸癌に腹腔鏡、本当に必要か

シリーズ「旬のテーマ」◆Vol.2

2014年1月23日 星良孝(m3.com編集部)


「旬のテーマ」は続いて大腸癌の腹腔鏡手術。腹腔鏡の必要性の議論はかねて注目されてきた。今回、指針で大腸癌で腹腔鏡の適用を外すと回答。要否は。必要必要である不要不要であるテーマ大腸癌に腹腔鏡、本当に必要か投票結果腹腔鏡の不利、解消の道に課題現在、大腸癌研究会は大腸癌治療ガイドラインの改訂を進めている。2013年末、研究会に寄せられた意見を受けて、大腸癌への腹腔鏡下手術の適応について「cステージ0-cステージ1がよい適応である」という記載を削除すると発表した(『大腸癌指針、腹腔鏡の適応削除』を参照)...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。