m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>着用型除細動器、推進か

着用型除細動器、推進か

シリーズ「旬のテーマ」◆Vol.3

2014年1月24日 星良孝(m3.com編集部)


「旬のテーマ」は続いて着用型自動除細動器。植込み型除細動器の手術までの待機時期などに使用が広がりそうだ。積極的に使っていくか。推進推進する限定限定的にとどまるテーマ着用型除細動器、推進か投票結果着用除細動器「推進」3割2014年、着用型自動除細動器(WCD)の「LifeVest」が国内で保険適用となった。植込み型除細動器(ICD)の植込みが決定した場合の手術までの待機期間、ICD適用不確定の期間に利用が広がる見通しだ。学会も指針を出した(『着用型除細動器に学会指針』を参照)。積極的に使っていくか...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。