m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>月経困難、低用量ピル推進か

月経困難、低用量ピル推進か

シリーズ「旬のテーマ」◆Vol.6

2014年1月28日 星良孝(m3.com編集部)


「旬のテーマ」は月経困難症への低用量ピル。婦人科領域では選択肢が増えて注目度は高い。一方で副作用の報告も出ている。推進すると考えるか。推進推進する限定限定的にとどまるテーマ月経困難、低用量ピル推進か投票結果月経困難、低用量ピル推進3割月経困難症に対する低用量ピルの処方が広がる。2008年のノルエチステロンとエチニルエストラジオールの配合薬(商品名ルナベル)が保険適用。2010年にはドロスピレノン・エチニルエストラジオール配合剤(ヤーズ)、2013年にはルナベルよりもさらにエチニルエストラジオール...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。