m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>焼灼はAFの第一選択になるか

焼灼はAFの第一選択になるか

アブレーションが薬物療法に変わる時代は今か

2014年4月1日 酒井夏子(m3.com編集部)


カテーテルアブレーションは、発作性心房細動(AF)の第一選択治療となり得るか?ガイドラインの適応では、薬剤の次の位置付けで、「薬物治療抵抗性の有症候性の発作性AF」とされ、依然として2番手の治療に推奨されるカテーテルアブレーション。AF治療の一つとして多施設で積極的に取り組まれるようになり、第一選択治療としてアブレーションの有用性を示す研究も報告される今、薬物療法に代わる時代が来るのか。第78回日本循環器学会学術集会のディベートを取材した。賛成第一選択はアブレーション「アブレーションもAFの初期...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。