m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>血栓リスク低いAF、抗凝固行うか

血栓リスク低いAF、抗凝固行うか

抗凝固による脳梗塞抑制効果と脳出血リスクの判断はいかに

2014年4月2日 酒井夏子(m3.com編集部)


血栓リスクが低い心房細動(AF)患者に抗凝固療法を行うべきか?AFの脳梗塞発症リスクを評価するCHADS2スコアが1点以下の患者は、AF患者の約半数を占めると言われる。しかし、低リスク症例への対応はいまだ明確でなく、抗凝固による効果と脳出血リスクの間で判断に苦慮する医師も多い。抗凝固の必要性をめぐり意見の分かれるポイントだ。第78回日本循環器学会学術集会のディベートを取材した。推奨CHADS2スコア0点でも積極的に抗凝固「脳卒中の総罹患者数は無視できる数字ではない。CHADS2スコアが低くても抗...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。