m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>食道癌の術前CRT、標準なるか

食道癌の術前CRT、標準なるか

ステージ2-3食道癌の術前治療の標準治療は

2014年4月17日 酒井夏子(m3.com編集部)


術前化学放射線療法(CRT)がステージ2-3食道癌の今後の標準治療となるか。JCOG9907試験結果を受けて、現在、ステージ2-3食道癌には術前化学療法が推奨されている。しかし、同試験のサブグループ解析で、ステージ3への術前化学療法の優位性は示されず、より強力な術前治療が求められている。こうした中、有力な治療候補となるのが、諸外国では標準治療である「術前化学放射線療法」と、従来の術前化学療法を強化した「術前DCF療法(ドセタキセル、シスプラチン、5FU)」だ。この2療法の効果を確認するJCOG1...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事