m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>腹部大動脈瘤はEVARかopen surgeryか

腹部大動脈瘤はEVARかopen surgeryか

生命予後長い若年者への対応は

2014年4月14日 山田留奈(m3.com編集部)


腹部大動脈瘤の治療に広がる、ステントグラフト内挿術(EVAR)。ハイリスク症例に限らず、より積極的に適応を広げていくべきか。「EVAR優先」と「opensurgery優先」、2人の血管外科医の意見を紹介する。破裂リスクの高い大動脈瘤の治療は、opensurgeryによる人工血管置換術が確立していたが、1990年代からより低侵襲なステントグラフト内挿術(endovascularaneurysmrepair:EVAR)が試みられるようになった。2007年に市販デバイスが使用できるようになり、近年、臨...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事