m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>血圧の評価は、家庭血圧が優先か

血圧の評価は、家庭血圧が優先か

ABPMの位置付けは?

2014年10月23日 酒井夏子(m3.com編集部)


血圧測定に関して、家庭血圧(HBP)を診察室血圧よりも優先することを明確にした「高血圧治療ガイドライン2014(JSH2014)」。自由行動下血圧測定(ABPM)は、HBPとは異なった血圧情報として価値があるとしつつも、あくまで必要時に行う高血圧診断の補助的手段として位置付けられている。高血圧の診断や治療評価は、HBPを優先して考えるべきか。10月の第37回日本高血圧学会のディベートを取材した。ABPMABPMで精査し外来血圧でフォローを「高血圧を正しく診断するにはABPMが最適。ABPMで初期...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事