m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>ドック学会の血圧基準範囲に賛成か

ドック学会の血圧基準範囲に賛成か

正当性主張と撤回要請で応酬

2014年10月28日 森圭吾(m3.com編集部)


日本人間ドック学会と健康保険組合連合会が2014年4月に発表した「新たな健診の基本検査の基準範囲」は、医学界に大きな波紋を呼んだ。高血圧の臨床判断値が140/90mmHg以上であることは日本のみならず世界共通の認識だが、同学会が示した超健康人(基準個体)の正常基準範囲の上限は「147/94mmHg」であり、これがセンセーショナルに報じられたため混乱に拍車がかかった。国民や臨床現場は、臨床判断値と大規模健診データの解析で生まれた基準値の差異をどう受け止めればいいのか。10月16日に横浜市で開催され...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事