m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>糖尿病合併高血圧、第一選択は依然ARB?

糖尿病合併高血圧、第一選択は依然ARB?

腎症のない糖尿病合併高血圧の第一選択薬は

2014年10月30日 酒井夏子(m3.com編集部)


糖尿病合併高血圧症の第一選択薬に、2009年版と同様に、ARBとACE阻害薬と位置づけた「高血圧治療ガイドライン2014(JSH2014)」。しかし、前回改訂の2009年以降、糖尿病合併高血圧に関する様々なエビデンスが報告され、10月に行われた第37回日本高血圧学会総会でもディベート「糖尿病合併高血圧第一選択にCa拮抗薬を入れるか?」が企画された。ガイドライン2014を支持する意見が出た一方、異論も呈せられた。腎症のない糖尿病病合併高血圧の第一選択薬として、Ca拮抗薬を支持する意見を紹介する。反...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事