m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>ピロリ除菌の開始、いつが妥当?

ピロリ除菌の開始、いつが妥当?

一部自治体で中学生に実施の動き広まる

2015年11月16日 森圭吾(m3.com編集部)


胃癌の主要な原因とされるヘリコバクターピロリ感染胃炎に対する除菌療法の保険適用が認められて2年が経過した。一部自治体では中学生を対象とした若年者へのスクリーニング体制を整える動きも出ている。除菌によって生涯にわたる胃潰瘍や十二指腸潰瘍の発症リスクが激減することは確かだが、胃癌予防という目的でピロリ除菌を行うのは、何歳頃が妥当なのか。大阪府高槻市では、胃癌対策の充実へ2014年度から中学2年生を対象にピロリ菌のスクリーニング費用と除菌費用の全額補助を行っている。ピロリ菌は感染すると長い期間で徐々に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事