m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>幼児の“毎日携帯”、是か非か

幼児の“毎日携帯”、是か非か

米国では低所得層の大半で4歳までに個人所有

2015年12月1日 軸丸靖子(m3.com編集部)


0歳児の半数近くがゲームやアプリ、動画視聴のために携帯機器を毎日使い、4歳児の4分の3が自分のスマホやタブレットを所有している――。米国小児科学会誌「Pediatrics」に先月掲載されたこんな調査結果が注目を集めている。「スマホで子守り」はがまずいと思っても、親にも子にも便利なのは確か。「子どもを静かにさせる」という社会的配慮だけでなく、安否確認や教育的要素から導入される面もあり、一概に否定できるものでもない。幼児の携帯毎日使用は是か非か。「Pediatrics」に掲載された論文は、携帯メディ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事