m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>特定資金得た研究「不受理」に賛成?

特定資金得た研究「不受理」に賛成?

タバコ資金排除提案は「自由な研究発表の場」を犯すのか

2015年12月14日 軸丸靖子(m3.com編集部)


「タバコ資金で行われた研究の論文投稿や学会発表を禁止することを提案します」――日本衛生学会理事会が2015年9月に示したこの提案が、継続審議となっている(関連記事)。当初年内に決定される予定だったが、甲論乙駁(ばく)のパブリックコメントが付いたためだ。タバコが癌や呼吸器疾患のリスクを高めることは周知の事実。そうした業界からの資金を受けた論文や発表を拒絶することは社会に向けた強い態度表明になるが、学会内での自由な議論、多様な価値を抑圧する危険もはらむ。同学会は次総会で開くシンポジウムで議論するとし...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事