m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>リンパ節転移1個に放射線照射、是非は?【JSS2016】

リンパ節転移1個に放射線照射、是非は?【JSS2016】

エビデンスとプラクティスの乖離をどう考える

2016年5月6日 軸丸靖子(m3.com編集部)


昨年改訂された日本乳癌学会の乳癌診療ガイドラインは、乳房切除術後腋窩リンパ節転移4個以上陽性の患者に対する放射線療法を推奨グレードAで、1-3個陽性の患者に対し推奨グレードBで推奨した。しかし、実臨床で1-3個陽性の症例に全て放射線照射を行う施設は1割に満たないとされ、エビデンスとプラクティスに乖離がある状況だ。ガイドライン通り、リンパ節転移が1個でもあれば、乳房全摘後放射線療法(PMRT)を勧めるべきか。第116回日本外科学会定期学術集会(4月14-16日、大阪市)であったディベート「乳房切除...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事