m3.com トップ>医療維新>臨床賛否両論>レーシック、ブーム再来はあるか

レーシック、ブーム再来はあるか

「煩わしさから解放された」喜びの声はまた聞かれるのか

2016年6月29日 軸丸靖子(m3.com編集部)


屈折矯正手術レーシックの施行件数激減がにわかに注目を集めている。ピークだった2008年の45万件から2014年には5万件という数字も驚きだが、自由診療とはいえ、ここまで確立した医療技術がわずか数年で施行件数9分の1にしぼむという現実も衝撃だ。レーシックブームの再来はあるのか。レーシックをめぐる最近の動きは「9割減のレーシック、今後どうなる?」にまとめた通り。技術的には確立しており、有効性・安全性も数多くの研究で証明されている。ただ、角膜感染の集団発生が刑事事件に発展したり、ドライアイや眼精疲労な...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事